「スラムドッグ$ミリオネラー」がアカデミー賞8部門を独占。
前から応援していたので、喜ばしいことだ。公開は春なので、今から楽しみである。

「スラムドッグ$ミリオネラー」はインドのスラムについて描いた映画だ。
この映画について書いた記事にこんなものがあった。


>批判とは別に持ち上がっているのが、
>「なぜ、このような映画を外国人ではなく
>インド人自身が撮れなかったのか」
>という問題だ。


僕はインド人がスラムの映画を撮る必要なんてないと思っている。
映画というのは、娯楽である。スクリーン映し出される夢のような美男美女を見て、楽しい世界にはまる。それが映画の楽しみ方だ。まじめで暗いものだけが映画じゃない。

これをとても感じるのは、インドの映画館を思い出す時だ。
最初にインドの映画館へいったのは、もう十数年前のことだ。
ご存知、インド映画はどんちゃか騒ぎのミュージカル&ラブコメディ&ハードボイルドである。
ストーリーもくそもない。とにかく、みんなが踊って歌って騒ぐ。そんなストーリーが休憩をはさんで3時間以上もつづくのだ。
映画の客たちはスクリーン上で俳優が歌い出せば立ち上がって歌い、踊りだせば一緒に踊る、キスシーンがあれば一斉につばを飲み、ヒーローが負けそうになると野次を飛ばす。
そんな劇場を見ていると、「映画って娯楽なんだよなー」という思いを新たにするし、そのすばらしさをしみじみと感じる。貧しい庶民たちが必死で稼いだお金でチケットを買って、行列をつくって映画を見に来るわけがわかるというものだ。

昔からよく言われていたことがある。
「なんで、外国の映画のように踊りも歌も笑いもない作品を見なきゃいけないんだ。映画なんだから楽しむのが一番だ。だから俺はインド映画しか見ない」
これが人々の常識だった。

しかし、インドの映画も次第に変化が訪れている。
かつてハリウッドより映画をつくっていたボリウッド映画(インド映画)は今やハリウッドに追い抜かれてしまった。
映画館に来るのは田舎者だけ。いまは庶民はみんな海賊版DVDで自宅で映画を楽しむ。もちろん、十数年前とは経済力も大きく変わった。
たぶん、かつて映画館で涙と笑いで顔をくしゃくしゃにして騒いでいたような人たちは、ほとんどいなくなってしまったのだろう。
やがては、いわゆる「ボリウッド映画」はなくなり、「ハリウッド映画」にとってかわられるのかも知れない。
というか、そもそも「ボリウッド」の語源である「ボンベイ(ボンベイの映画という意味で、ボリウッド)」という地名すらなくなっているのだから仕方のないことだ。

しかし、いまでもインドの映画でのことを時々思い出す。

初めてインドへ行った時、右も左もわからないまま、現地の怪しい兄ちゃんに誘われて映画館へ入った。
総立ちの観客と一緒にタバコを吸ったり、お菓子をスクリーンに投げたりして騒ぎながら、映画を見ていた。
その時、映画のワンシーンに、日本人観光客が登場した。カメラを首からかけたツアー客たちが、街中でうろうろとしているようなコメディシーンだ。
その時、観客たちが僕を見つけて、「お! 日本人だ! ここにも日本人がいるぞ! 前に出て来い!」と叫び始めた。
僕は観客たちに背を押されながらスクリーンの前に出て行き、そこで映画の日本人観光客のように間抜けな日本人を演じた。
すると、観客たちが拍手喝采し、次から次にお菓子をくれた。映画館を出る時には何人もの友達ができて、うちに泊まりに来いだの、遊びに来いだのと誘われた。
とてもいい思い出だ。
しかし、あんなことも、今となっては「古きよき時代の思い出」なのかもしれない。

「スラムドッグ$ミリオネラー」万歳!
しかし、負けるなボリウッド映画!