河出書房新社のWebマガジン連載「飢餓浄土」がスタートしました。
途上国で語り継がれている様々な話から、人間の内面をえぐっていこうという企画です。
発展途上国の民族誌として、楽しんでいただければ幸いです。
毎週月曜日の更新。予定では、半年ほどつづけることになります。
閲覧は無料ですので、Webから、携帯から、そしてi-Padから、ぜひご覧ください。ご感想等もいただければ幸いです。

■タイトル
「飢餓浄土」

■概要
間引かれた奇形児の幽霊に悩まされるベトナムの貧困地、人肉を食った日本兵の亡霊を語り継ぐフィリピン山奥の村、人間の死体を食い散らかしたルワンダの犬……途上国の人々の内面をえぐり出す、残酷で、悲しく、せつない、途上国の地べたを往く民俗誌。

■更新
毎週月曜日

■URL
bnr_kigajoudo
http://mag.kawade.co.jp/kigajoudo/

なお、連載終了ののち、大幅に加筆訂正し(おそらく倍ぐらい話を付け加えます)、来年早々にでも単行本として河出書房新社から出版の予定です。
写真をたくさん載せる予定ですので、是非楽しみにしていてください。