貧困といっても、具体的にどのようなものなのか具体的なイメージがつかない人が大半だと思います。

途上国のスラムと言っても、家の中がどうなっているのか。
ドヤ街といっても、そこで暮らしている人たちはどのような食生活をしているのか。
生活保護を受給しているといっても、家計簿はどうなっているのか。

こうしたものを具体的に映像として見せる場をつくりたい。
そう考えて貧困博物館なるものを作れたらいいなー、とずっと思っていますが、その布石として、まずWEB上でそうしたものをビジュアル的に見せるサイトを作りたいと思っています。
今年から少しずつスタートして、来年には始動できればいいですね。

とはいえ、その映像を集めるのは、一人ではなかなか難しいもの。

そこで、いろんな方とともにやっていければと思っています。
まずは、以下の方を募集しています。

・映像を持っていて、提供してくださる方。
(※細かな規定についてはのちに相談できればと思います。研究などで使用したものから写真展などで使用したものまで、映像であれば写真でも動画でもOK)

・今は映像を持っていないが、これを期に参加して撮ってみたいという方。
(学生から大人まで。趣味でも、研究でも、なんでもいいです。やる気があるかどうかだけです)

上記に当てはまる方がいれば、来月か再来月にでも一度お会いできればと思っています。
個別に一人ひとりあうのは時間的に難しいですし、かといって全員とまとめてお会いするのも難しと思います。
なので、何名かまとめてうまい形でお会いできて、諸々相談できればと考えています。

われこそは! という方がいらしたら、ぜひ下記までご連絡下さい。

石井光太
hinkon_m@yahoo.co.jp