石井光太 − 旅の物語、物語の旅 −

タグ:イスラームの夜を歩く

HTbookCoverImagefsda

神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く』が文庫になりました。
4月24日、新潮文庫として発売になりますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

ついでなので、本書成立の裏話を。

処女作『物乞う仏陀』が、たしか05年の10月に発売。
実は、その前からイスラーム圏における性の問題は興味があり、ちょくちょくと取材をしていた。
建前としては06年1月から取材した記録となっているけど、全16話のうち5話ぐらいはその前に取材したものなのである。

最初、僕は1月になってすぐに取材に行き、『物乞う仏陀』と同じ文藝春秋から出そうと思っていた。
しかし、文藝春秋で編集を担当してくれた方が大きな仕事に追われていて、それについて打ち合わせをするスケジュールが組めなかった。

新潮社の足立さんから連絡があったのは、本を出して2、3週間後だったと思う。
『物乞う仏陀』に感銘を受けたので一度会って企画の相談をしたい、というようなメールをいただいたのだ。
で、11月の終わりか12月の初めぐらいに、新宿の椿屋珈琲で会った。
その時に、「いやー、年明け早々二作目の本のためにイスラーム圏を回ろうと思っていまして」という話をした。
そしたら、足立さんが「じゃあ、二作目は新潮社で」と言ってくれ、僕は旅に出たのである。

ただ、この時は、まだ新潮社で出すのかどうかはっきりとはわからなかった。

ところが、海外に行っている間、足立さんから頻繁にメールをもらった。
また、新潮社の別の部署にいる方からもメールやエッセーの依頼をもらった。
で、3月に一時帰国した時に、足立さんと食事に行ったり、別の部署の方と夜中まで飲んだりして、『神の棄てた裸体』の企画を話すようになった。
そんなこんなしているうちに、新潮社とのつながりが強くなっていったのである。

一方、文藝春秋はどうかというと、なかなか話が進まなかった。
担当の方が猛烈に忙しかったのだろう。たまにメールのやりとりはしていたが、具体的な新企画の話にはならなかった。
(あとで聞いたところ、文藝春秋の方は「二作目も文藝春秋から出すのは既定路線」と考えており、あえて触れなかっただけのようだ。ここでお互いの認識のズレが生じたのである。後日新潮社から出すと決まった時、編集の方は「ええ! 上司に怒られる」と叫んでいた)

で、僕が取材を終えて帰国した時には、すっかり新潮社で出すという話になっていた。
このような流れで、新潮社から『神の棄てた裸体』という本が出ることになったのである。

この本のおかげで、色んな繋がりができた。
たとえば『絶対貧困』を一緒にやった光文社のTさんはこの本を読んで声をかけてくれたし、『レンタルチャイルド』の連載もこの本を読んだ『月刊PLAYBOY』の編集長から声をかけてもらった。
講談社の『G2』で一緒に仕事をしているI氏も、この本を読んで話をくれた。
そうそう、今度Webマガジンの連載をやる河出書房『文藝』のTさんもこの本が切っ掛けで会うことになった。
大きな仕事は、ほとんどこの本からはじまっている。
そういう意味では、僕は新潮社の足立さんには頭が上がらないわけで、「姉貴」的存在なのである。

と、まぁ、そんなこんなで、「神の棄てた裸体」という本には、色んな思い出がある。

是非ご贔屓に。

新刊の発売のお知らせです。
このたび、新潮社より新しいノンフィクションが刊行されました。


■詳細
『神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く』
発売  新潮社
価格  1575円(税込)
種類  320項、単行本(書きおろし)
詳細  新潮社ホームページ参照
購入  アマゾンはこちらから


■プレスリリース用の紹介文
処女作にして大宅壮一ノンフィクション賞の候補作となった前作『物乞う仏陀』(文藝春秋刊)から約二年。 
28歳の著者は、半年以上にわたってイスラーム諸国を旅しました。日本ではなかなか情報を得る機会のないイスラーム教徒の性に興味を抱いたからです。彼らの性の営みはどのようなものなのか。宗教による抑圧とはどれほどのものなのか。そして、それは本当にあるのか。売春宿に住み、置屋で掃除夫として働き、ときにはバーテンダーになり、ヒジュラ(民俗舞踊を舞う男娼)と共に踊る。
ジャカルタ、クアラルンプール、カブール、アンマン、ベイルートといった大都市に足を運びつつ、古い慣習が強く残るバングラデシュやインドの山村、クルド人の国境の村、アフガニスタンの山中へも身を投じていく著者。売春、戦争、おきて、路上生活……その10カ国に及ぶ捨て身の取材は圧巻です。
ベールに包まれたイスラームの最奥に踏み込むべく、ともに暮らし、ともに味わい、ともに笑う。そして、頭ではなく腹で書く。読み手はいつしか著者と共に、その渦に引き込まれていくことでしょう。新鮮な距離感が心地よい、辺境の暗部を描いた未踏の体験的ノンフィクションです。次世代の書き手の躍動を感じていただければ嬉しい限りです。



本書をご高覧の上、ご高評いただけましたら、ご友人様等にご紹介いただければ幸いです。
また、御感想等も随時お待ちしています(メールにてお願い致します)。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。


■追記
八重洲ブックセンター(2F)、紀伊国屋本店(1F新刊コーナー)にて、18日より取材旅行の未公開写真の展示を行っています。HPにも公開していない写真も含まれていますので、興味のある方はご覧下さい。
また、新宿紀伊国屋の南店でサイン本を販売しています。今後、本店などでも販売する予定です。詳細は書店にお問い合わせ下さいませ。

神の棄てた裸体―イスラームの夜を歩く

このページのトップヘ