rental


本日、新刊『レンタルチャイルド―神に弄ばれる貧しき子供たち
』(新潮社)が発売になりました。

処女作『物乞う仏陀』で、簡単にレンタルチャイルドの存在を描きました。
マフィアによって手足を切断されて物乞いをさせられる子供たちについてです。

あの取材をした後、僕はレンタルチャイルドたちが成長してどうなっていくかが気になり08年まで断続的に取材を行っていきました。

レンタルチャイルドの多くは路上で死んでいきますが、生き残った数名の子供たちは「路上の悪魔」へと変貌を遂げていきます。
マフィアに虐げられていた子供たちが城を築き上げ、悪魔として路上に君臨し、次々に犠牲者を生んでいく。
犠牲者となっていくのは、さらに弱い子供たちです。

しかし、数年すると、インドは経済発展の怒涛の波に飲まれました。
町は繁栄に歓喜し、悪魔となって路上を占拠する子供たちを押し流していきます。
ある者は殺され、ある者は捕えられ、ある者は臓器を売られていく。その中で生き残った者はどうなっていくのか……。

本作は「レンタルチャイルドのその後の人生」を10年がかりで描いたものです。
海外を舞台とした作品の集大成という位置づけであり、現在出しうる限りのすべての力を振り絞って書きました。
今後、僕は作品の舞台を少しずつ日本へとシフトしていくと思いますが、一つの国を舞台にして、長期間にわたってここまで踏み込んだ形で作品を書き上げるのは最後になるかもしれません。

是非、ご覧いただければと思います。
ご感想等お待ちしておりますので、宜しくお願いいたします。



※注
本書は『月刊PLAYBOY』『新潮45』に連載したものに大幅に手を加えたものです。
この本に関するトークイベントを、6月5日(土)に阿佐ヶ谷のロフトで行いますので、是非遊びに来て下さい。未公開写真等もお見せいたします。詳細はこちらをご覧ください。