石井光太 − 旅の物語、物語の旅 −

タグ:取材

『「鬼畜」の家〜わが子を殺す親たち』の発売に際して、これから何回かにわけて取材の思い出を書いていきます。

最初は、よくインタビューで聞かれる「取材のモチベーション」です。

今回この児童虐待をテーマにしたのには、いくつか理由があります。

まず、親に殺された子供の数が、巷で言われている以上になることを知りました。
警察の発表では、毎年六十人〜百人が殺されているとされますが、日本小児科学会の推計では、一日一人の子供が親に殺されていて、その六割から八割が闇に葬られているとされたのです。
それとほぼ同時期に、「居所不明児童」の問題が日本を席巻しました。行方が分からない子供が日本に百人以上いるということが報じられたのです。

この二つを知ったとき、私はこれまで自分が虐待に対して目をそらしていたことを認めずにいられませんでした。
虐待のニュースは、ほとんど毎週のようにマスメディアを駆け巡っています。そのたびに、私は、「なぜ実の親が子供を殺すのか」ということに疑問を抱いていた。
しかし、同時に「どうせ鬼畜のような親なんだろう」と思って、それ以上深く探ろうとはしませんでした。事実を見るのが怖い。だから、わかった気になって目をそらしていたのです。

ところが、一日一人の子供が殺されていて、多数の児童が行方不明のままになっている。
そのことを知った時、犯人の親を「鬼畜」と考え、問題から目をそらしつづけることに、罪の意識を覚えずにはいられなかったのです。
そして、このテーマに取り組まなくてはと思い、雑誌で連載をはじめることを決めました。

取材開始時点では、事件ルポですからすでに被害者の子供たちは殺害されていました。
そのため、親たちが子供たちを殺すプロセスを明らかにするところからの取材になりました。

正直、犯人と話をしていても、親族と話をしていても、心が引き裂かれるような気持ちの連続でした。

たとえば、厚木市事件の犯人は、齋藤幸裕です。
その長男・齋藤理玖君(三歳)は、二年間も真っ暗な部屋に閉じ込められ、ネグレクトの末に寒さと飢えで死んでいきます。
その時、理玖君は一人でドアに向かってこう叫んでいました。

「パパ、パパ、パパ……」

そして、死体はゴミ屋敷と化したアパートに放置。
七年間も、そのままにされて発覚しなかったのです。

理玖君の気持ちを思うだけでたまらなくなりました。
闇の中で死んで行き、そしてミイラとなった後も、放置されつづけていた理玖君は、何のために生まれてきたのか、と。

でも、だからこそ、私は理玖君のために、彼が生まれてきた意味を見い出してあげたかった。
せめて彼の小さな命の記録を、書物の中に活字として残してあげたかった。
悔しさ、悲しさ、孤独すべて含めて生きた証を記したい。
そういう気持ちから、私は歯を食いしばって取材を進つづけたのです。

やがて、私は事件を追う中で、ある大きなテーマを見つけます。
それは後に本書のテーマとなる、犯人たちが一様に口をそろえて言った言葉です。

「私は子どもを愛していました。宝のように育ててました。それでも、殺してしまったのです」

愛していたのに、殺した……。

信じられない言葉ですが、取材を進めれば進めるほど、その言葉が真実だったということが明らかになってくる。
そして、私はこの言葉の意味を確かめるべく、さらに事件の深淵へ足を踏み入れるのです。





光文社で行う新しい企画です。
ご協力いただける方がいらっしゃいましたらご連絡下さい。

----------------

■■企画内容■■
[余命宣告を受けた私からつたえたい<身近な人>へのメッセージ」


 現在、余命宣告を受けた患者様は、この日本に数多くいらっしゃいます。
 患者様それぞれが、違った状況のにおいて、病気と闘い、様々なことを思ったり、願ったり、行ったりしています。
 こうした患者様のなかには、いま自分が重い病気と闘っているからこそ、誰かに何かを伝えたいと切望している方もいらっしゃるかと存じます。身近な人だからこそなかなか口に出すことのできなかった思い、何年間も黙っていた過去など、様々なものが胸の中にあるかと存じます。一例として列挙させていただければ、次のようなこともあるでしょう。

 ・親族や友人への感謝などのメッセージ
 ・隠していたことの告白、後悔、謝罪
 ・過去に別れた異性や、配偶者以外の恋人へのメッセージ
 ・これまで人前で語れなかった戦争体験や仕事体験など
 ・医療関係者、会社の同僚などに言いたいこと
 ・遺産相続、血のつながり、家系などについての悩み

 今回、出版社・光文社では、上記のような「余命宣告を受けた方々から<身近な人>へつたえたいメッセージ」を募集しています。
 石井光太氏が余命宣告を受けた方のもとへ訪れ、あなたのメッセージを手紙として代筆します。そして、手紙はもちろん、その代筆の過程も含めて、文章に起こし、雑誌や書籍に載せていきます。
 もし余命宣告を受けた方で、この企画にご参加してもいいという方は、下記の要綱をかならずご確認のうえ、ご応募下さい。


1)記事の掲載について
 雑誌に掲載の後、書籍化を予定しております。
 雑誌、書籍ともに、紙面などの関係上、かならずしもすべての取材が活字として発表されるわけではございません。
 掲載誌〜『女性自身』(光文社)
 単行本〜光文社より単行本として発売予定

2)個人情報について
 個人情報の漏洩等に関するプライバシーの保護を厳守致します。
 原稿上で、個人が特定されるおそれのある表現をお望みにならない場合は、ご相談させていただいた上で、表記を配慮させていただくことをお約束いたします。
 また、発表時期においても同じくご相談に乗ります。

3)条件
 本取材におきましては、患者様は余命宣告を受けている方に限らせて頂きます。
 また、正確な余命宣告でなくても、難病等それに近いような場合でも承っておりますので、事前に詳細をお伝え下さい。
 年齢、性別、国籍、病名、社会的立場などは一切問いません。

4)取材の前に、以下の情報をお伝え下さい。
 「氏名」「性別」「生年月日」「現住所(ご入院中の場合は病院名も)」「連絡先(電話番号、メールドレス、FAXなど)」「あなたの略歴(年代順に、年表をつくるような形で出来るだけ詳しくお願いいたします)」「ご病気の詳細」「宣告された余命年月」「取材希望場所」「メッセージの内容(出きるだけ詳しく記してください)」「メッセージを誰に宛てて書きたいか」

 ※注1〜「あなたの略歴」「メッセージの内容」はできる限り詳しくお願い致します。
 ※注2〜あなたのメッセージを著者が「代筆して手紙をつくる」というコンセプトになります。ご理解下さい。

5)取材順序
 1取材の承諾を頂く
 2取材開始(1回〜複数回行います)
 3原稿執筆
 4社内で企画を相談
 5一部を雑誌掲載、一部を書籍に掲載し刊行

6)取材日時
 取材場所や時間などは事前にご希望をお聞きしております。ご希望がございましたら、お申し付け下さい。
 また、当日のご体調等もあるかと存じますので、綿密に事前協議をさせていただければ幸いです。
 なお、筆談等での取材も可能ですので、予めご教示下さい。

7)取材者
 石井光太

 その他、ご質問、ご希望等は、可能な限り承りますので、何卒ご検討のほど、よろしくお願いいたします。


<石井光太へメールでお問い合わせ>
 www.kotaism.comのホームページからメールにてお問い合わせ下さい。

<電話でのお問い合わせ>
 槌谷昭(担当編集者)
 住所 〒112-8011 東京都文京区音羽1−16−6 光文社 学芸編集部
 電話番号 03-5395-8172

このページのトップヘ