本日、長編小説『砂漠の影絵』が発売になりました。

これは、イラク戦争における日本人拉致殺害事件を題材に、「テロリスト」「五人の日本人の人質」「人質の家族」の三者の話が交互に合わさって進む国際事件ドラマです。

帯の文は以下です。

2004年、イラク・ファルージャ。「首切りアリ」率いるイスラーム武装組織「イラク聖戦旅団」 に5人の日本人が拉致された。
アリたちの要求は、 自衛隊のイラクからの即時撤退。しかし、 日本政府はこの要求を突っぱねる。日本国内では、人質の「 自己責任論」が巻き起こり、処刑の期日は刻一刻と迫ってくる…… 。
テロリスト集団、彼らはいったい何を考え、 何を目的にこのような組織となったのか?
日本人被害者、テロリストの双方の立場から描かれる、 現実にギリギリまで肉薄したストーリー。 闇に包まれた身代金交渉の実態や、イスラーム過激派組織の内情、 テロリスト一人ひとりの実人生、 そして戦争から遠く離れた私たち日本人の生き様が、 鮮明にあぶりだされる!
この物語は、あなた自身の言い方を大きく左右する。


この小説の構想は、2013年に生まれ、2014年に連載が決定、第一回の原稿が2015年の一月発売の『小説宝石』に掲載されました。
実は、その掲載とほぼ同時に、イラク・シリア内戦におけるIS(イスラム国)による後藤健二氏、湯川遙菜氏の拉致事件が起きたのです。

当初、このテーマで小説を書こうと思ったきっかけは、一つでした。
2001年に起きた9.11は紛れもなく世界の戦争の歴史を変えました。それまでは国家対国家、民族対民族だった戦争の構図が、テログループ対国家と変わったのです。
その歴史上の大きな転換が、どう日本に影響を及ぼしたのか。
それがもっとも顕著に現れたのが、2004年に起きた日本人拉致殺害事件でした。香田証生さん殺害事件です。
ならば、日本人としてどうしてもその歴史を何かしらの形で本に残したい。私はずっとそういう思いを抱いてきました。

ただし、このテーマで本を執筆するならば、どうしてもテロリストの目線を入れなければならない。
日本あるいは、欧米にとってのテロ戦争という目線で描けば、それはテロリスト側が否定している戦争そのものにほかならないからです。
テロリストたちの生い立ち、彼らにとっての戦争の必然性、彼らが外国人を殺す理由、そして、彼らにとって「生きる」とは何なのか。その目線が必要不可欠なのです。

しかし、私自身がテロリストにインタビューをして、それをノンフィクションにすることはできません。
それであれば、これまで私が中東を取材してきた経験をすべて投入して、それを小説として描けないだろうか。
それが本書の執筆の一番の動機だったのです。

そして、本書の連載の開始と同時に起きた、イラク・シリア内戦における日本人拉致事件。
当時、私はNHKのニュース番組のナビゲーターをして、それをテレビの前で報じなければなりませんでした。
しかし、そこにはテロリスト側の目線はありません。欧米からの情報、日本人としての目線、それだけを何十万、何百万人の人につたえなければならなかったのです。
そこで欠けていたのは、テロリスト側の目線でした。

『砂漠の影絵』は、2004年のイラク戦争における日本人拉致殺害事件をテーマにしたものです。
しかし、上記のような理由から、私はこの小説に現代におけるテロ戦争の意味も盛り込まざるを得ませんでした。
それは、時として現実と想像力の戦いであり、時として想像力に現実を宿してくれる力となりました。
そして、一年の連載を経て完成したのが本書『砂漠の影絵』です。

本書は、エンターテイメントとして書いていますが、私がいま、現代に生きる人々にもっとも伝えたいテーマをすべて盛り込みました。
この本を通じて、みなさまが「戦争」「生きる」「家族」「国際関係」「友情」など何か一つのことでも考えていただければ幸いです。



★イベント情報
『砂漠の影絵』の発売に合わせて、フォトジャーナリストの林典子さんとトークイベントをいたします。
●場所 三省堂書店池袋本店(池袋) 書籍館4F イベントスペース「Reading Together」
●日時 1月15日(日曜日) 14時〜(90分)
●条件 書籍購入
●申込 http://ikebukuro.books-sanseido.co.jp/events/1901