ある人が、子供を出産することになった。
その人は小児科医で、「無痛分娩」をするらしい。
「無痛分娩」とは、麻酔して痛みを取り除いたうえで、出産をするものだ。

この無痛分娩、欧米では普通に行われている。
局所麻酔ならほとんど赤ちゃんに影響はないし、何よりもお産が楽だ。
なので、欧米の女性はそれを選ぶ傾向にあるらしい。国によっては8割がたの人がそうしているところもある。

では、日本はどうかといえば、無痛分娩はほとんど行われていない。
5万円ぐらいで楽になるのに、なぜか欧米のように広まらないのだ。日本人は米国でウオッシュレットがはやらない理由が理解できないが、米国人は日本で無痛分娩が行われない理由がわからないかもしれない。

そんななかで、その人にプレゼントしようと思って、先日「私たちは繁殖している」(内田春菊、角川文庫)を購入した。
出産&育児本としては、傑作といっていいぐらい面白い漫画だ。

僕がこれを読んだのは大学生の頃。
で、プレゼントする前に自分でも読みなおそうと、ページをめくってみた。
すると、面白いことが書いてあった。

日本では、「お腹を痛めてうんだ子」という言葉がある。
お腹を痛めて産んだから、母親は特別な存在なのだ、ということだ。
離婚で親権が母親にある時などもよくこの言葉がつかわれたりする。男としては、確かにそう言われればどうしようもない。
実際、日本のママさんは、「お腹を痛めて産んだ」ことにプライドをもっていて、何かとそれについて語りたがるのだそうな。
たぶん、ここらへんの考え方が、日本で無痛分娩が広がらない理由なのだろう。

しかし、無痛分娩や、帝王切開はどうなるのか?
「お腹を痛めていないから、特別ではない」ということになるのか?

もちろん、ママさんたちは、そんなことはないと分かっている。
しかし、それでも心の底では「腹を痛めて産んだ人がワンランク上」みたいに思っているに違いない。だからこそ、「言いたがる」のだろうし、「無痛分娩」をしない人が多いのだろう。
そういう意味でいえば、「言葉」というのは、実に恐ろしいものである。

ともあれ、もし僕が女性だったら、どうするだろう……。
たぶん一度目は自然分娩してみるだろうな。「ためしに」やってみたい。
でも、二度目からは確実に「無痛」にすると思う。一度わかれば、十分だ。とかいいながら、予防接種の注射も「痛いからやだなぁ」とためらっているのだが。。



追伸1
昨日と今日、「アマゾンで本が買えなかった」という問い合わせメールが来ました。
さっき見てみたら、品切れ状態になっていました。ありがたや、ありがたや。
実は、昨日「物乞う仏陀」ともども重版がかかりました。もうしばらくすると、また買えるようになると思います。本当に、ありがとうございます。
ちなみに、品切れをいいことに、一冊三千円強で売っているお店がありますが、「無視」ですな。無視。紀伊国屋のウェブ販売などでは定価で買えます。


追伸2
先日、千葉そごうの中にある「三省堂」の方とお会いしてきました。
とても良い方で、サイン本を数冊つくらせていただきました。宜しければ、一度行ってみてください。
ちなみに、三省堂本店で「神の棄てた裸体」の写真パネルを多数展示しています。こちらもよろしければご覧下さいませ。


私たちは繁殖しているレッド (角川文庫)