石井光太 − 旅の物語、物語の旅 −

タグ:鬼畜の家

『「鬼畜」の家〜わが子を殺す親たち』が、順調に増刷しています。
以下のようなポスターも作成されました。
児童虐待という問題が、「親=鬼畜」という単純な図式で描かれてほしくないという思いを込めて書いた本なので、それが少しでも広まればと願っています。
(だから、「」で鬼畜というタイトルになっているのです)


image001


さて、今回は、執筆に当たっての葛藤について書きたいと思います。

本をご覧になった方はおわかりになるかと思いますが、本書の核となっているのは、三件の児童虐待事件の加害者である親が語った次のような言葉です。

「私なりに愛していたけど、殺してしまいました」

拘置所で面会を重ねたりするなかで、この「私なり」というのが、胸にひっかかりました。
我が子を残虐な方法で殺しておいて、愛していたとはどういうことなのだろう。
「私なりの愛」、とは一体何なのか。
私はその答えが、彼らの成育歴にあるのではないかと思う。
そして、虐待家庭の家系を三代にまでさかのぼって、その要因を見つけようと考え、一族への取材をするのです。

詳しくは本書をお読みいただきたいのですが、ここから見えてきたのはあまりに悲しい彼らの人生でした。
そして、そこが本書の一番重要な部分ともなる。

しかし、それと同時に私の中で非常に大きな葛藤が生まれました。

虐待親たちの悲しい人生に目を向ければ、彼らに対する「同情」の感情が芽生える。
正直に言えば、彼らなりにけなげに生きようとする姿に、「いとおしさ」のようなものまで感じてしまうこともありました。

一方で、彼らはあくまでわが子を信じられないような残酷な方法で殺害した殺人者でもあります。
虐待親を擁護するということは、殺されてしまった子供たちの死を肯定することになりはしないか。

それまでは、加害者である親を「鬼畜」と捉えて、批判していれば楽だった。
しかし、加害者である親のことを知れば知るほど、それができなくなり、かといって彼らの行為を認めることもできずにもがき苦しむようになるのです。

通常、本と言うのは、ある程度どちらかの立場に感情移入して書きます。
100%味方につくというわけではありませんが、ある程度意図的にどちらかに感情を込めなければ、物語としてのカタルシスを作り出すことができないのです。

たとえば、難民の女の子が売春していれば、その女の子に感情移入するからこそ、カタルシスが生まれる。
もし、「いや、売る方も売る方だし、買う方も買う方だよ」と言ってしまえば、それで終わってしまう。
著者が自分の名前で売る「本」には、どうしても著者の感情から生まれるカタルシスが必要なのです。

しかし、今回は、加害者の立場になっても、被害者の立場に立っても、見えなくなってしまう事実がたくさんある。
では、どう書けばいいのか。

その結果出した結論は、故意にどちらにも感情移入はしない代わりに、加害者の成育歴を掘り起こせるだけ掘り起こしてみようということでした。
そうやって得た事実を、「ナマの素材」のままどさっと読者にお渡しして、その重みや、においや、悲しみを感じてもらおう。
その戸惑いや葛藤といったものこそが、児童虐待事件の本質であり、それを読者につたえなければ、本当の意味で虐待事件を描くことにはならないのではないか。
そう考えたのです。

そのため、読者のみなさんは、おそらくこの本を読んで、ものすごく重いモノを渡された気持ちになると思います。
そして、事実を知ってカタルシスを得るのではなく、その重いモノとどうやって対峙していくかを問われるはずです。
もっと言ってしまえば、本書を読んで、読者がどう思うのかが問われるのです。

・それでも加害親を「鬼畜」だと考えるのか。
・加害親に同情するのか。
・だとしたら、殺された児童の気持ちをどう考えるのか。
・そして、貴方は、この問題にどう取り組むのか。
・あるいは、貴方は子供にどう接するのか。

こうしたことについて、私個人として考えていることもあります。
その話については、トークイベントや、インタビューなどで、随時語っていければと思っています。


★『「鬼畜」の家』の発売に際して、9月2日、9月11日にトークイベントを行います。
以下をご覧ください。
http://kotaism.livedoor.biz/archives/52024240.html





『「鬼畜」の家〜わが子を殺す親たち』の発売に際して、これから何回かにわけて取材の思い出を書いていきます。

最初は、よくインタビューで聞かれる「取材のモチベーション」です。

今回この児童虐待をテーマにしたのには、いくつか理由があります。

まず、親に殺された子供の数が、巷で言われている以上になることを知りました。
警察の発表では、毎年六十人〜百人が殺されているとされますが、日本小児科学会の推計では、一日一人の子供が親に殺されていて、その六割から八割が闇に葬られているとされたのです。
それとほぼ同時期に、「居所不明児童」の問題が日本を席巻しました。行方が分からない子供が日本に百人以上いるということが報じられたのです。

この二つを知ったとき、私はこれまで自分が虐待に対して目をそらしていたことを認めずにいられませんでした。
虐待のニュースは、ほとんど毎週のようにマスメディアを駆け巡っています。そのたびに、私は、「なぜ実の親が子供を殺すのか」ということに疑問を抱いていた。
しかし、同時に「どうせ鬼畜のような親なんだろう」と思って、それ以上深く探ろうとはしませんでした。事実を見るのが怖い。だから、わかった気になって目をそらしていたのです。

ところが、一日一人の子供が殺されていて、多数の児童が行方不明のままになっている。
そのことを知った時、犯人の親を「鬼畜」と考え、問題から目をそらしつづけることに、罪の意識を覚えずにはいられなかったのです。
そして、このテーマに取り組まなくてはと思い、雑誌で連載をはじめることを決めました。

取材開始時点では、事件ルポですからすでに被害者の子供たちは殺害されていました。
そのため、親たちが子供たちを殺すプロセスを明らかにするところからの取材になりました。

正直、犯人と話をしていても、親族と話をしていても、心が引き裂かれるような気持ちの連続でした。

たとえば、厚木市事件の犯人は、齋藤幸裕です。
その長男・齋藤理玖君(三歳)は、二年間も真っ暗な部屋に閉じ込められ、ネグレクトの末に寒さと飢えで死んでいきます。
その時、理玖君は一人でドアに向かってこう叫んでいました。

「パパ、パパ、パパ……」

そして、死体はゴミ屋敷と化したアパートに放置。
七年間も、そのままにされて発覚しなかったのです。

理玖君の気持ちを思うだけでたまらなくなりました。
闇の中で死んで行き、そしてミイラとなった後も、放置されつづけていた理玖君は、何のために生まれてきたのか、と。

でも、だからこそ、私は理玖君のために、彼が生まれてきた意味を見い出してあげたかった。
せめて彼の小さな命の記録を、書物の中に活字として残してあげたかった。
悔しさ、悲しさ、孤独すべて含めて生きた証を記したい。
そういう気持ちから、私は歯を食いしばって取材を進つづけたのです。

やがて、私は事件を追う中で、ある大きなテーマを見つけます。
それは後に本書のテーマとなる、犯人たちが一様に口をそろえて言った言葉です。

「私は子どもを愛していました。宝のように育ててました。それでも、殺してしまったのです」

愛していたのに、殺した……。

信じられない言葉ですが、取材を進めれば進めるほど、その言葉が真実だったということが明らかになってくる。
そして、私はこの言葉の意味を確かめるべく、さらに事件の深淵へ足を踏み入れるのです。





二年ぶりのノンフィクション『「鬼畜の家」〜わが子を殺す親たち』(新潮社)の予約が開始されました。
三つの事件のオムニバス事件ルポで、取り上げているのは自分の子供を殺害した親たちです。なぜ親はわが子を殺さなければならなかったのか。
ネグレクト、嬰児殺し、身体虐待の三つの異なる事件を二年間かけて徹底的に取材しました。

「厚木市幼児餓死白骨化事件」(ネグレクト)
未熟な夫婦が3歳の子をアパートに二年間以上にわたって放置。子は「パパ、パパ」と呼びながら絶命。遺体は7年間放置された。

「下田市嬰児連続殺害事件」(嬰児殺し)
奔放な男性遍歴の果てに妊娠を繰り返した一人の女性。彼女は自宅で出産した嬰児を二度にわたってひそかに殺害し、遺体を天井裏や押入れに隠した。

「足立区ウサギ用ケージ監禁虐待死事件」(身体虐待)
夫婦が3歳児をウサギ用ケージに正座させて閉じ込めた末に死亡させた事件。遺体はまだ見つかっていない。2歳の次女には犬の首輪をつけていた。

この本のテーマは、ひたすら残酷性を追うものではありません。
事件の加害者である親は、みな一様に「子供を愛していた」「大切に育てていた」と語っているのです。それが、なぜ殺害に至ったのか。
愛とは何か。
育児とは何か。
そうしたことをテーマに考えていく、ヒューマン・ノンフィクションです。





このページのトップヘ